神郷校区GPM(見守り隊)発会式

平成17年9月8日(木)8:30〜神郷小学校体育館
神郷まちづくり実行委員会

2学期も順調に始まり、神郷小学校校区も子ども見守り隊(GPM)が活動を始めます。


山本光博学校長からの挨拶


9/8現在で40名からのスタートです。
児童委員の21名から登下校時を見守ります。

神郷公民館の運営審議会の発案から神郷小学校PTA主催し発足式に至りました。

新居浜警察署生活安全課石丸課長からの挨拶


見守り隊のみなさんがひとりずつご挨拶しています。


児童を代表して見守り隊に感謝の言葉が贈られます。
「安心して学校に通えますが、自分の命は自分で守らななくてはいけないので安全に気を遣います。」


見守り隊は犯罪者を捕まえるのが目的ではありません。
犯罪を抑止するのが目的です。
犯罪を起こそうと思っている悪い人は必ず下見をします。
そこで肝心な事は地域住民の見守る目線です。
ガードが堅い所には犯罪者が寄りつきません!

見せる防犯を実施する事によって犯罪発生率が下がってきているのは実証済みです。

最近は子どもを狙った犯罪が多発していますが、
地域全体で防犯力を高めることが結果的に子どもを守ります。

川東校区は垣生校区、多喜浜校区に次ぎ、この神郷子ども見守り隊の発足により
GPM方式を採用して活動している隊員数は200名をオーバーしています。
300名体勢になるのも時間の問題でしょう。
校区間の連携もNPO法人からの情報で円滑に出来る事でしょう!

安全・安心なまちづくりは自分の手で掴んでいきましょう!
特定非営利活動法人として最大級の支援をしていきますので
セイフティパトロールを実践していって下さいね。



守ってあげ隊トップページ