組合の主な業務

□□□□□□□□□□□□□
 私たちが毎日、安全で快適に暮らしていくためには、上下水道をはじめ、給排水、衛生、空調・冷暖房その他の設備はかかすことのできないものです。
 こうした生活の基盤ともいえる分野に携わる当組合では、交替で24時間365日、全ての市民の生活を守りつづける体制をとっています。
 組合員各社は、水に対する技術の研鑽、知識の習得に努め、また自らの経営の近代化を推し進め、社会からの負託に応えられるよう日々努力を重ねています。

漏水探知機を使用して地下に埋設された給・配水管の漏水によって発生する振動音を検出し、路上にて漏水音を探知します。
宅内二次側(水道メーター以降)における地下埋設管・壁の中及び蛇口やトイレ等の漏水調査や修理をしています。
市から貸与されている水道メーターは計量法で有効期間(8年)が設定されており、約7年毎に取替しています。
新居浜市を2つの地区に分け、それぞれ2か月に1度検針員が検針しています。また、検針中に検針員が漏水を発見した場合は漏水のお知らせをします。
ライフラインの中心となる水を、各家庭・企業・公共施設に送る工事をしています。また、古くなった水道管を新しい水道管に入れ替える工事も行っています。
公共下水道を利用するためには新居浜市へ申請が必要となります。申請から工事まで新居浜市指定工事店である当組合加盟各社にお任せください。

組合の概要

名称 新居浜市管工事業協同組合
所在地 愛媛県新居浜市八雲町3番29号
設立 昭和47年11月
理事長 石水 浩臣
出資金 910万円
組合員 35社
事業内容 ① 組合員の取扱う管工事及びその他の設備工事に必要な資材の共同購買
② 組合員の取扱う管工事及びその他の設備工事の共同受注
③ 組合員の経済的地位の改善のためにする団体協約の締結
④ 組合員の事業に関する経営及び技術の改善向上 又は組合事業に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供
⑤ 組合員の福利厚生に関する事業
委員会 総務委員会 企画、技術・情報委員会 水道センター・事業委員会