愛媛県出身の唄い手〔嶋本 慶〕〔神野 匡崇〕らによる演奏会。

【それぞれの島、それぞれのシマには、それぞれの唄がある。】

そんな島唄の魅力を、愛媛出身の演者が表現します。



日 時
2011年
619日(日)
12時30分開場
13時開演
15時終演(予定)

場 所
愛媛県総合科学博物館
「多目的ホール」
新居浜市大生院2133−2
(駐車場320台)

入場券
前売
1000
当日
1200
(中学生以下無料)

出 演
嶋本 慶 (沖縄民謡)
神野 匡崇 (奄美シマ唄)
竹内 直子 (篠笛)
大谷 花葉 (沖縄民謡)
秋山 奈緒子 (沖縄民謡)
守口 仁美 (奄美シマ唄)

問 合
090-9459-3614(嶋本)
090-2788-3084(神野)



第一部
「沖縄民謡」
 沖縄群島に伝承された「沖縄民謡」、宮古群島に伝承された「宮古民謡」、八重山群島に伝承された「八重山民謡」など、沖縄県の民謡を紹介します。

-特徴-
 本土の日本民謡がほぼ創作性を失い古典化しているのに対し、沖縄民謡は現在でも創作が続けられている。
沖縄音楽最大の特徴は、長3度+短2度の琉球音階である。


第二部
「奄美シマ唄」
 奄美大島の島唄は、北部の笠利節(かさんぶし)と南部の東節(ひぎゃぶし)に大別される。
愛媛では滅多に耳にすることのない、鹿児島県奄美大島の民謡を紹介します。
 奄美の方言(シマユムタ)では、 「シマ」という言葉は、奄美群島、個々の島、集落など様々な範囲に対して用いられるが、「シマ」と片仮名表記する場合には集落のことを指すことが多い。

-特徴-
 グイン(裏声を多用し、こぶしを効かせたファルセットの一種)といわれる独特の歌唱法、音域が非常に広い。


第三部
「島唄の魅力」
 沖縄・奄美を含む、琉球弧の島唄の魅力などを紹介します。
 元来「島唄」とは、奄美群島の住民により、同諸島で歌われる民謡を指していた。
「島唄」という用語が沖縄や日本全国に広まるにつれて、奄美民謡と琉球民謡との総称としても使用されるようになった。
さらには、琉球民謡の影響を受けた歌までも「島唄」と呼ぶようになった。



沖縄民謡
「嶋本 慶」
(しまもと けい)

愛媛県松山市出身。

 2003年より沖縄三線を始める。宮古民謡「天久 勝義」氏に従事。
現在は愛媛県内にて三線教室講師を務めると同時に、自身の演奏活動も幅広く展開。

奄美シマ唄
「神野 匡崇」
(じんの まさたか)

愛媛県新居浜市出身。

 唄者「朝崎郁恵」さんとの出会いにより、2007年より奄美大島の民謡「シマ唄」を独学にて勉強。
現在は愛媛県松山市を中心に、演奏活動を展開。
また、沖縄と奄美の違いを知ってもらう為に、「嶋本 慶」らと共に演奏活動も行っている。

篠笛
「竹内 直子」
(たけうち なおこ)

 愛媛県松山市出身

 大学時代に篠笛と出会い、その機縁で和太鼓集団「鼓太朗」の結成に参加。
退団後は、篠笛を中心に八丈太鼓や篠笛ユニットの演奏活動に専心。
大阪では元わらび座「中村正公・多恵子」夫妻の民俗芸能ユニット「花法師(はなほうし)」に所属。
篠笛教室「笛音の会」主宰。



【前売入場券 取扱所】


【新居浜市】

[CRAFT COO]
月・水・金 11:00-17:00
新居浜市中須賀町1-5-27
0897-47-2552

[画廊喫茶 さぼうる]
9:00-18:00 木曜定休
新居浜市北内町1-7-11
0897-41-3897

【西条市】

[甘味処 すだち]
11:00-17:00 水・日・祝祭定休
西条市船屋甲380番地

[cajitsu]
月〜金 10:00-16:00
西条市小松町新屋敷甲2986-2
0898-72-3903


【電子メールにての前売入場券のご予約が可能です。】

メールでの前売入場券のご予約はコチラから。

ご予約の際には、必ずお名前必要枚数を明記してください。

折り返しメールにて入場券番号をお伝えさせて頂きます。

当日受付にて、お名前と入場券番号の確認を行いますので、必ず入場券番号をお控えください。

また、携帯電話メールにてご予約の方で、迷惑メール対策などをされている方は、
当ウェブサイトのメールを使用したご予約をご利用いただくことができません。
必ず指定受信などの設定を行ってください。

前売入場券ご予約メールアドレスは下記になります。

jinma@nbn.ne.jp



Copyright(C) 2011
【琉球弧の調べ】
All Rights Reserved.