誕 生 宝亀5年(774)6月15日に讃岐の国、屏風浦にて父佐伯直田公善通(さえきのあたいたぎみよしみち)と母玉依御前(たまよりごぜん)の間に生まれました。屏風浦は今の善通寺であり、父はこの地を治めた豪族で、母は阿刀(あと)氏の出でした。叔父の阿刀大足(あとのおおたる)は桓武天皇の皇子伊予親王の講師をしている大学者でした。幼名を真魚(まお)と名付けられました。7歳の時の伝説「捨身ヶ嶽」(しゃしんがたけ)が第七十三番出釈迦寺奥の院にあります。
 少 年 真魚は讃岐の国の国学(豪族の師弟を教育する学校)で学び、聡明で天才的な少年でした。叔父の阿刀大足がこれを見て都で勉強することになり、15歳の時、都へ上がります。当時は桓武天皇が都を平城京から長岡京へ移そうとしていた頃で、真魚18歳の時、長岡京の大学に入り儒教や歴史等を学びました。しかし、そこで学ぶものは、高級官吏を育成するもので、政治や学問に疑問を持ちはじめ真魚の志す衆生済度(しゅじょうさいど)には答えてくれませんでした。ある時、一人の出家者と出会い「虚空蔵求聞持法」(こくうぞうぐもんじのほう)を教わります。「虚空蔵求聞持法」とは虚空蔵菩薩の真言を百万遍唱えれば記憶力が増し、全ての経典を暗記することが出来、宇宙の真理に近づけられる法といわれています。そこで真魚は大学を中退し出家、修行に入ることになります。
 修 行 求聞持法を修めるために阿波の大龍嶽(たいりゅうだけ)(第二十一番太龍寺)、石鎚山、室戸岬にある御蔵洞(みくろどう)など各地で厳しい修行に励みました。御蔵洞での修行の時、明け方に明星が口の中に飛び込み求聞持法を完成したといわれています。大師の名は「無空」「教海」「如空」と変えていましたがこの時、「空海」と名乗るようになったといわれています。大師24歳の時の著書「三教指帰」(さんごうしいき)から31歳に入唐するまでの7年間は歴史上不明であり、まさに各地で修行に励んでいたと思われます。そして、四国遍路の原型がここにあり、四国各地の大師修行地を大師と共に無心の境地で心の旅を続けることにあると思います。仏門に入るとき儒教・道教・仏教の特徴を著した「三教指帰」を両親に話し、仏教が一番優れていることを理解してもらい、両親の許可を得たといわれています。その後、奈良の大安寺の勤操大徳により出家し、真理の追究に励み、大和久米寺にて大日経7巻と出会い、極めようとしましたが難解で、唐に留学することを決意しました。
 入 唐 延歴23年(804)留学僧として入唐の許可が下り、4隻の船団で肥前の国田浦を出ました。その時、後の天台宗比叡山の開祖最澄も乗っておりました。苦難の末、唐の福建省に到着、しかし上陸を許可してもらえず、大師が日本の遣唐使であることの陳情書を役人に提出し、やっと上陸を許されました。しかし、唐の都長安までは遠く1ヶ月半以上かかって到着しました。
 恵 果 長安で大師は名師を訪ね、西明寺の留学僧永忠に会い、大日経については密教の第一人者が青龍寺の恵果(けいか)和尚であることを知り、梵語(ぼんご)やインド仏教などを短期間で学び、805年面会が許されました。恵果和尚は密教の7代目の祖師で空海が自分の所に来ることを予期しており、その後継者として灌頂(かんじょう)を受け、僅か8ヶ月の間に密教の秘法を受け「遍照金剛」(へんじょうこんごう)の名を授かり8代目の祖師に任ぜられました。恵果和尚の多くの弟子の中から密教の正当な継承を受けた大師が如何に優れていて偉大であったか、又、恵果和尚にお会いできたことがその後の日本の仏教界に影響したか計り知れないものがあります。恵果和尚は大師に「早く帰国して、国家安泰と国民の幸福のために密教を広めよ」と遺言して入滅され、大師は授かった密教の法具、経典、曼陀羅などを持ち帰国する事になります。
 帰 国 大同元年(806)遣唐使と共に帰国します。ここに2つの伝説があります。一つは、帰国のおり明州の海岸から「密教の道場に適当な地があれば、帰って示せ」といい、日本に向けて三鈷杵(さんこしょ)を投げられました。帰国後それが高野山の松の木に留まり光り輝いていたといわれています。もう一つは、帰国の途中、海が荒れて帆柱に不動明王を刻み祈ると、海は穏やかになり無事に帰国でき、「波切不動明王」として高野山に安置されています。
 開 創 九州太宰府に帰国した大師は3年近く待たされて平城天皇(在位806〜809)から参内の勅許を賜り、平和と民の幸せを祈る鎮護国家の修法を行い朝廷からの信頼を得てきました。この頃、最澄との交流が始まり経典等を貸しており、金剛界結縁灌頂、胎蔵結縁灌頂を開壇の時には入壇者となっています。その後、多くの弟子を持ち高雄山寺に三綱職を置き、真言密教としての教団が形成されて行き、弟子ともに全国を行脚し、救済の手をさしのべ真言宗の教えを広めて行きます。弘仁4年(813)には伝教大師最澄からの「理趣釈経」の借覧の依頼を断り、最澄の弟子である秦範も大師の元で修行しておりましたが最澄の比叡山に戻る指示に従わず、二人の間は遠のいて行きます。
 高野山 大師は嵯峨天皇(在位809〜823)からの信頼厚く、真言宗の根本道場を造るべく、高野山のご下賜を願い出、勅許を得ることが出来ました。弘仁9年(818)高野山に赴き、弘仁10年(819)に完成した寺の名前を「金剛峯寺」(こんごうぶじ)と名付けましたが、多くの堂塔伽藍が整ったのはそれから数十年後です。
 入 定 天長9年(832)金剛峯寺において万灯万華の法会を行い、東寺、神護寺、東大寺真言院を弟子に任せて、承和2年(835)3月多くの弟子に囲まれてご入定されました。その後、醍醐天皇(在位897〜930)より弘法大師の称号が送られています。
 偉 業 大師の偉業は密教を真言宗として日本に広めたばかりでなく、満濃池の改修などの社会事業家として、衆生救済として庶民に貢献したことにあり、大師信仰が現在にも根強く生きていることは、八十八ヶ所を訪れることにより、いっそう深まるものです。今も大師は高野山奥の院にて禅定の世界に生きており、世界の平和と人々の幸福を願っておられます。それは我々の心の中に生きていることに他なりません。信仰に興味のない方も一度は観光を兼ねてでも結構ですので、四国遍路をしてみて下さい。四国の人々が暖かく迎えてくれますし、お寺を廻りながら大師の業績や伝説を知ることにより別世界に入ることが出来、自分を省みて現代社会に欠けている面を充分に補ってくれるでしょう。
  
  トップ トップ   
弘法大師の生涯
空海イラスト