第29番国分寺遍路道のしるべ石
第28番大日寺から第29番国分寺への遍路道にあるしるべ石の画像です。
最後の画像は遍路の大先達・中務茂兵衛157度目のしるべ石です。明治30年に建てられています。
かっては崩れかかっていたのですが道路の改修のおり手直しされたようです。願主は当時の第20番鶴林寺の御住職で88ヶ寺の御住職が願主である事は非常に珍しいことです。茂兵衛については別項を参照して下さい。

  

  


 トップ トップ 一覧表 横峰寺(その1)