別格第三番 月頂山(げっちょうざん) 慈眼寺(じげんじ)
      本 尊:十一面観世音菩薩  開 基:弘法大師  宗派:高野山真言宗
      真 言:おん、まか、きゃろにきゃ、そわか
      御詠歌:天とふや鶴の奥山おくたへて願ふ功力に法ぞ通はむ
      所 在 地:〒771-4505 徳島県勝浦郡上勝町正木
      電  話:08854-5-0044

   
    お姿       納経印             大師堂

  
      不動堂           境内の観音像と大師像      潅頂ヶ滝
 
略縁起
 弘法大師が延暦年間(782〜806)に開山したと伝えられ、本尊十一面観世音菩薩は大師作と伝えられています。弘法大師19才の時、世の中の人々の生活苦、病苦及び一切苦厄を除くために修業中、夢の中でお告げがあり、鍾乳洞を発見し邪気払いのため護摩供の修法を行い、堂宇を建てて霊場としました。
 山岳修験寺として有名で洞窟での「穴禅定」が行われています。約2億5000年前に形成された100m程の洞窟で導師の言われる通りにしないと進退窮します。無事にお参りできると「無病息災で長患いをしない」「金運、開運が成就します」「入試、安産、交通安全の成就ができます」といわれています。費用は1500円で1時間前後を要します。
 又、慈眼寺は第20番鶴林寺の奥の院となっていて、途中一心橋を渡ると「潅頂ヶ滝」(別名御来迎の滝)があり落差約60mの名瀑です。深山幽谷の世界にあり、境内からの眺めは絶景です。

 
            境内からの展望

 トップ 発心の道場一覧表 別格20霊場一覧表 発心の道場一覧表 別格2番童学寺 2番極楽寺  4番大日寺 4番鯖大師本坊