第十六番 光耀山(こうようざん) 観音寺(かんおんじ) 千手院(せんじゅいん)
      本 尊:千手観世音菩薩  開 基:弘法大師  宗派:高野山真言宗
      真 言:おん、ばざら、たらま、きりく
      御詠歌:わすれずも導きたまへ観音寺西方世界みだの浄土へ
      所 在 地:〒779-3123 徳島県徳島市国府町観音寺
      電  話:088-642-2375

   お姿  納経印  山門
        お姿          納経印                山門

  本堂  大師堂  夜泣き地蔵
          本堂                 大師堂             夜泣き地蔵

略縁起
 天平13年(741)に聖武天皇(在位724〜749)が勅願寺として建立されたお寺です。弘仁7年(816)弘法大師が立ち寄り、千手観音菩薩像を刻んで本尊とし、脇仏に悪魔退治のために不動明王と鎮護国家のために毘沙門天を刻んで安置し、第十六番札所として定められました。
 天正年間(1573〜1592)には長曽我部軍の兵火に遭い荒廃しましたが、江戸時代の万治2年(1659)宥応法師が再建したと伝えられています。又、藩主蜂須賀公の信仰も厚く、現在の堂宇は公によるものといわれています。
 寺宝として弘法大師御筆といわれる、光明真言の印版があります。
境内
 道路に面して和様二層の山門が建っています。門の左右は塀のように奉納者の石柱が建っています。門をくぐると直ぐ正面に本堂があり右手に大師堂があります。
 又、子供の夜泣きを鎮めてくれるお地蔵さんとして、よだれかけを幾重にも重ねた「夜泣き地蔵」があります。
 奉納された中に絵があります。これは巡礼中に茶堂で休んでいたお遍路さんの白衣に火が着き大やけどをしました。昔、姑を縛り付け火の着いた薪で姑をたたきつけたことがあり、お大師様の戒めと反省して奉納したものです。
 同じ名前の寺は八十八ヶ所中第六十九番にあります。

 トップ 発心の道場一覧表 発心の道場一覧表 発心の道場一覧表 15番国分寺 15番国分寺  17番井戸寺 17番井戸寺